オートロックとは

賃貸物件のセキュリティ設備

賃借人の要望に応えるため、セキュリティ強化を図る賃貸物件が増えています。警備会社と提携している賃貸住宅なら、窓や扉に設置された動体探知機が作動すると警備員が駆けつけてくれます。こうした設備を備えた物件はやや家賃が高くなるものの、一人暮らしの女性や高齢者も安心して暮らせるでしょう。また、モニター付きのインターホンや防犯カメラを備える物件も増えてきました。モニター付きのインターホンがあれば、扉を開けなくても来訪者に対応できます。

エントランスや駐車場に設けられた防犯カメラは、空き巣犯の侵入を防止するだけでなく、ゴミの不法投棄や設備の損壊を予防できます。これらに加え、オートロックも賃貸住宅の必需品になりつつあると言えるでしょう。

オートロックのメリットとデメリット

エントランスにオートロックが付いた物件は、鍵を持っているかまたは暗証番号を知っている居住者しか建物に入れません。不審者が部屋の扉の前まで入れないので安心して生活できます。来訪者はエントランス前のインターホンで居住者を呼び出し、入室を認められた者だけがエントランスの扉を開けてもらえるのです。各居室のドアがオートロックになっている物件では、鍵の締め忘れがなく、空き巣に侵入されるリスクを減らせます。ただし、各居室の鍵の持ち出しを忘れたら、室内に誰もいないと締め出されてしまうリスクもあります。

また、停電の時は、オートロックが作動せず、エントランスがノーロックになってしまうというデメリットもあるので注意しましょう。

札幌西区の賃貸といえば地下鉄東西線の沿線が人気です。特に琴似駅付近は飲食店も栄えており商店も充実している上、少し足を伸ばせばJRの駅もあるので交通の便も良くオススメの地域です。