防犯カメラのデメリット

賃貸物件に備えられた防犯カメラ等のセキュリティ設備

賃貸物件には、オートロックやモニター付きインターホンなど、セキュリティ関係の設備が充実したものが多いです。窓や扉に警報装置を付けて、いざとなれば警備員が駆けつける警備会社と提携している物件も少なくありません。防犯カメラも有効で、空き巣は防犯カメラの備えられた住宅を避けると言われるほどです。防犯カメラは、監視カメラとして犯罪抑止に役立つだけでなく、一定期間録画して過去の映像をチェックできます。住宅敷地内で不法投棄や器物損壊などがあれば、録画から犯人を割り出せるでしょう。 録画機能がないダミーカメラを設置するだけでも犯罪抑止効果があります。精巧に作られたダミーカメラは、本物と見分けがつかないものも多く、安価で配線も楽なので重宝されています。

防犯カメラのデメリットと注意点

このように、防犯カメラはセキュリティ上とても効果的なのですが、デメリットもあるため注意しましょう。一般的な防犯カメラはカバーする範囲が狭く、広範囲を監視するためには複数のカメラを設置しなければなりません。スキのないセキュリティ体制を整えようとすると、防犯カメラだらけの住宅になってしまいます。外見上、防犯カメラが多い建物は訳ありと思われるリスクがあり、賃借人から敬遠されるデメリットがあるのです。そこで、ドーム型など単一で広範囲を網羅するカメラが望ましいでしょう。

また、配線をシンプルにするため電波で映像を録画機に送る防犯カメラが重用されていますが、電波は天候の影響を受けやすく、カメラと録画機の距離によっては録画されない時もあります。立地や気候に応じて、有線のカメラなど最適な機種を選びましょう。